2637 グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETF【クリーンテック】【グローバルX】

グローバルX社が東証に新たなETFを新規設定します。

本ブログで何度もクリーンテック関連のETFをご紹介していますが、日本株式に特化したETFとなります。同社の運営するCTECの日本版というところでしょうか。

今回は、2637 グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETFについてご紹介いたします

グローバルX クリーンテック ESG-日本株式 ETF とは

クリーンテック関連事業(エネルギー貯蔵および効率化、汚染・資源管理、再生可能エネルギーの活用といった課題解決に関連する事業)を行っている日本企業への投資を目指す、東証に上場するETFです。

米国ではバイデン政権発足に合わせて、クリーンエネルギー銘柄が一時的に盛り上がり、当サイトでもQCLN等の記事が一時的にアクセスを集めましたが、現在では沈静化しています。

日本でも菅政権が2050年までの脱炭素社会実現を掲げ、再生可能エネルギー関連の銘柄に注目が集まっていますが、実現性はまだまだこれからといったところでしょうか。その分伸び代はあると感じます。

3分でクリーンテックETF

運営会社 グローバルXとは

グローバルX は2008年創業のETFに特化した運用会社で、ニューヨークを拠点としています。世界の潮流への投資を目的としたテーマ型ETFと、安定した分配金獲得のためのインカム型ETFなどを提供しています。特定のテーマに沿った特化型のETFを多く提供しています。

基本情報

配当月1月,7月
配当利回り未定
経費率0.59%

基本情報は上記の通りとなります。年2回配当があるとのことですが、経費率が高いこともありあまり期待できません。

構成銘柄

構成銘柄ついては下記の通りとなっております。

公式サイトよりバスケット情報がありました。31銘柄で構成されています。
株数×株価にて構成比率を割り出しています。

銘柄コード銘柄名構成比率
5332TOTO10.70%
6005三浦工業9.61%
6762T D K9.40%
6367ダイキン工業9.24%
5947リンナイ8.72%
6370栗田工業7.54%
6976太陽誘電6.32%
5333日本碍子5.93%
5714DOWAホールディングス3.86%
6361荏原製作所3.82%
6674ジーエス・ユアサ コーポ3.33%
6755富士通ゼネラル2.99%
5857アサヒHD2.39%
9519レノバ2.38%
9793ダイセキ1.55%
1407ウエストホールディングス1.35%
1926ライト工業1.21%
6996ニチコン1.20%
6641日新電機1.19%
9551メタウォーター1.08%
1979大 氣 社0.97%
6564ミダック0.79%
6937古河電池0.65%
6368オルガノ0.63%
6997日本ケミコン0.55%
6768タムラ製作所0.48%
3150グリムス0.48%
6254野村マイクロ・サイエンス0.47%
2151タケエイ0.41%
4080田中化学研究所0.38%
6619ダブル・スコープ0.38%

TOTOが構成比率トップ???と思いましたが、ESGに関して早くから取り組みを行っている企業で、三浦工業も同様の理由であると考えられます。

以前ご紹介したETF「PBD」の構成銘柄であるウエストホールディングス、レノバあたりも組み入れられています。

メリット

成長が期待できるクリーンテック分野にまとめて投資

ESGの取り組みに積極的な銘柄、クリーンエネルギー関連(太陽光発電、風力発電、EV関連)といったこれから成長が期待でき・国策銘柄としてサポートを受ける可能性がある銘柄にまとめて投資できます。

最近はESG関連のETF、投資新規設定が目立っており、関連銘柄への資金の流入が期待できます。

また、クリーンエネルギー関連では以前ご紹介したウエストホールディングスなどは2020年に株価が3倍となり、1対1.3の株式分割まで行っています。

デメリット

経費率が高い

特定のテーマに特化したETFのためか、経費率は0.59%と非常に高く設定されています。経費率の高さゆえ、配当利回りはあまり高くならないことが予想されます。

まとめ

ここ最近になって急に名前を聞くようになったESG。クリーンエネルギー関連と合わせて今後も注目の分野だと感じます。QCLNのように急激に株価が上昇する可能性もあります。今後の動向に注目です。

タイトルとURLをコピーしました