米国ETF

米国ETF

ロボット&AI ETF BOTZに投資を検討【ロボット&AI ETF】【米国ETF】

今回はロボット&AI ETFのBOTZをご紹介いたします。産業用ロボット・自動化、非産業用ロボット、自動運転などに携わる企業を含め、ロボットや人工知能(AI)の採用・活用の増加から恩恵を受ける企業への投資を目指すETFです。意外と日本の銘柄の健闘が光るETFです。続きはブログ記事にて。
米国ETF

半導体ETF SMH に投資を検討【半導体争奪戦勃発】【米国ETF】

今回は半導体ETF SMHをご紹介いたします。最近日本の自動車メーカーで半導体不足のため減産を行うとの報道がありました。ここ数年5G・データセンター・スマートフォン・ゲームでの半導体需要の高まりから、自動車向けに半導体が回ってこない状況です。需要の高まる半導体企業に投資するETF。続きは記事内にて。
米国ETF

【隠れた優良ETF】ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ETF DGRS【米国ETF】

ウィズダムツリーが提供する配当ファンド第三弾です。前回配当のある大型株に投資するETFをご紹介しましたが、リスクはあるものの小型株の成長に賭けたいという人向けのETFです。 今回は、米国小型株クオリティ配当成長ETF DGR...
スポンサーリンク
米国ETF

【隠れた優良ETF】ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド DLN【米国ETF】

ウィズダムツリーが提供する配当ファンド第二弾です。配当が欲しいけど、大幅な減配が怖い。でも成長も期待したいという欲張りな人向けのETFがありました。 今回は、ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド DLNについてご紹介いた...
米国ETF

ウィズダムツリー 新興国小型株配当ETF DGSへの投資はありか?【米国ETF】

小型株投資ETF第三弾です。米国、米国を除くその他の国ときたので、新興国を中心に調査していたところ、新興国小型株+高配当のETFを見つけました。小型株で高配当となるとハイリスクハイリターンでは?と疑いたくなりますが、今回は、ウィズダムツリー 新興国小型株配当ETF DGSについてご紹介いたします。
米国ETF

バンガードFTSEオールワールド(除く米国)スモールキャップETF VSSに投資を検討【米国ETF】

今回は米国以外の小型株が対象の、 バンガードFTSEオールワールド(除く米国)スモールキャップETF VSS についてご紹介いたします。米国を除く世界47カ国の先進国および新興国の小型株約3,300銘柄で構成され、利回りも高いことが特徴です。続きは記事内にて。
米国ETF

小型株にも投資を! バンガード・スモールキャップETF VBに投資を検討【米国ETF】

今回は米国小型株が対象の、バンガード・スモールキャップETF VBについてご紹介いたします。あまり聞いたことが無いかもしれませんが実は隠れた人気ETFです。小型株の魅力は現在は小規模でもリスクはありつつも将来的に大化けの可能性があることです。続きは記事内にて。
米国ETF

バリュー株復権か? バンガード・米国バリューETF VTVに投資を検討【米国ETF】

今回は米国大型割安株が対象の、バンガード・米国バリューETF VTVについてご紹介いたします。2020年はハイテクを中心としたグロース株が株高を牽引していましたが、少々バブル気味ではあります。代わりに2021年は出遅れ感のあるバリュー銘柄の復権があるのではないかと予想されています。続きは記事内にて。
米国ETF

脱トランプで飛躍か メキシコETF EWWに投資を検討【バイデン銘柄】【米国ETF】

今回はメキシコ企業に投資するETF EWWについてご紹介いたします。バイデン次期大統領に政権移行することでメキシコを目の敵にしてたトランプ政権から風向きが変わるのではと予想されています。労働人口も2024年ごろのピークを迎えると予想されており成長が期待されます。続きはブログ記事にて。
米国ETF

将来性に賭ける インドネシアETF EIDOに投資を検討【米国ETF】

今回はインドネシア企業に投資するETF iシェアーズMSCIインドネシアETF EIDOについてご紹介いたします。インドネシアの魅力は高成長が期待されること。世界人口第4位で今後も人口増が期待され個人消費中心。2030年代には日本を抜きGDP世界4位に浮上が予想されます。続きはブログ記事にて。
米国ETF

PBD インベスコ・グローバル・クリーン・エネルギーETF に投資を検討【バイデン銘柄】【米国ETF】

クリーンエネルギーETFの第四弾 PBDをご紹介いたします。QQQでおなじみインベスコが提供するETFで銘柄はアメリカを中心として全世界に分散されています。日本からも数銘柄採用。年初来の騰落率が軒並み高くなっているクリーンエネルギーETFですが他のETFとも比較してみました。続きはブログ記事にて。
米国ETF

シンガポールETF EWSに投資を検討【高配当】【米国ETF】

今回はシンガポール企業に投資するETF iシェアーズMSCIシンガポールETF EWSについてご紹介いたします。シンガポールの魅力は東南アジア各国へ投資できる点が挙げられ、政府の政策によりビジネスがしやすい環境にあるため世界有数の金融センターとしての地位を確立しています。さらに高配当なETF。続きはブログ記事にて。
米国ETF

CTEC クリーンテック ETFに投資を検討【バイデン銘柄】【米国ETF】

今回は、政策・時代の流れに乗るクリーンエネルギーETFの第三弾 CTECをご紹介いたします。 当初はご紹介する予定はありませんでしたが、ちょうどクリーンエネルギー関連のICLN、QCLNの記事を書いた後、2020年12月より...
米国ETF

ICLN クリーンエネルギーETFに投資を検討【バイデン銘柄】【米国ETF】

今回は、政策・時代の流れに乗るクリーンエネルギーETFの第二弾 ICLNをご紹介いたします。 前回ご紹介したQCLNは、クリーンエネルギー銘柄ではあるものの、投資対象地域がアメリカ、銘柄がテスラ・ニオとEV関連銘柄に偏ってい...
米国ETF

QCLN クリーンエネルギーETFに投資を検討【バイデン銘柄】【米国ETF】

今回は、政策・時代の流れに乗るクリーンエネルギー銘柄のETF、QCLNをご紹介いたします。バイデン氏はクリーンエネルギーに力を入れると明言しています。2030年よりガソリン車の新規販売を禁止する流れが全世界的に急速に拡がり、電気自動車への注目も集まっています。そうなるとテスラに注目が集まります。続きは記事内にて。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました