2020年に獲得した楽天ポイント

コロナに始まりコロナに終わりそうな2020年。ポイ活・投資を本格化し楽天経済圏での活動を進めた結果、本年ゲットした楽天ポイントは過去最高を記録しました。

今回は少し早いですが、2020年の楽天ポイントの振り返りを行います。

月別 獲得楽天ポイント

2020年に獲得したポイントは月別に下記の通りです。内通常ポイントは翌月の楽天証券つみたてNISAの投信積立の一部に利用しています。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月累計
獲得ポイント5949233,1311,8833,4422,7733,3423,7583,3383,8537,1383,13237,307
投信積立
利用ポイント
2944106298461043196118891420157518063166148116,520

1月2月はそれほどでもありませんでしたが、3月から獲得ポイントが3,000ポイントを維持。

要因としては、下記が挙げられます。

  • 3月以降コロナショックによりキャッシュレス決済・ネット通販の利用が増えた。
  • 4月より投信積立を5,000円増やした。
  • 8月より別クレジットカードで支払っていた、ジム・携帯・保険を楽天カードにまとめた。
  • 自動車保険の支払いを銀行口座引き落としからクレジットカード払いにした(11月)

本年度は、累計37,307ポイントゲットしました!内16,520ポイントを通常ポイントして楽天証券のつみたてNISAの投信積立の原資に利用。

楽天経済圏だからこそ出来る、楽天ポイント + 楽天証券の組み合わせです。

これまであまりクレジットカードを利用してこなかったのですが、キャッシュレスポイント還元が2020年6月に終了したこともあって、現時点でお得なのはバーコード決済ではなく、クレジットカードだということに気づきました。今まで現金や銀行引き落としで支払っていたものをクレジットカードに変更するだけで1%のポイント還元がゲットできます。もっと早くやっておけばよかった…

まとめ

今年は新型コロナウイルス感染拡大により給与が減る・株価が下がるなどつらいこともありましたが、現金払いを見直すよいきっかけとなりました。今後もポイ活を続け、楽天証券への投信積立ポイントを1ポイントでも多く稼いで行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました